バスケット初心者チームオフェンス【2020年】スペーシングNo2

Basketball

スペーシング 連動について

こんにちは。

前回のスペーシングに続いて今回は連動についてアウトプットしたいと思います。

この記事は以下の方にお勧めです。

・ミニバス、中学校の初心者

・試合でオフェンスが上手く展開できない

ここでの連動とはチーム5名のコート上での動き方のです。

一度に全体の動きを説明する前に分解していきたいと思います。

選手への戦術伝達および自分で整理する際に作戦ボードが手元にあると非常に便利です。

手ごろな値段で手に入るので一つは所有することをおススメします。

 

ドライブからの展開


ドライブからスムーズに得点を取れるのが理想です。

特に小学生や中学生の初期段階ではこれが非常に重要なスキルだと考えます。

しかし、ディフェンスもヘルプに入り容易には得点できない状況があります。

このドライブを阻害する要因はディフェンスそして味方があります。

味方が阻害要因?と思われますが、意外と多い事象なのです。

まずはチームの約束事としてドライブしているプレイヤーを優先にする

このことを目線合わせしましょう。具体的には

・ドライブしているプレイヤーのドリブル進行を止めない

・ボールをもらいに動かない(カッティング)

ドライブとはボール所持者(ボールマン)が1対1を仕掛けること

ボールサイド ドライブへの連動

3対3の状況でドライブからの動きからです。

 

<オフェンス1がトップからドライブを試みた場合>

ウイングにいるオフェンス2はコーナーへ移動する。

ドライブの際、オフェンス2のディフェンスがヘルプに動きます。

その際にオフェンス1からオフェンス2へのパスを行います(ドライブ&キック)。

このパスを活かせるかはオフェンス2が連動することがキーポイントになります

中々、スペースを広くしシュート機会をつくるため、コーナーへ動くという行動が初期の段階ではありません。

指導の際、苦労する点です。

何故かボールに寄ってしまうのです。

基本的にボールサイドでこの動き方を理解・実行できれば応用が可能です。

後述しますが、ポストマンがいる場合はもう一つの動き方を理解する必要があります。

でも、バスケットは5人制ですよね?

5人いる場合でも共通の動きのルールを知っておいてください。

ザックリと表現すれば5人が円を描くように動く

ポストマンやドライブの方向により異なりますが、動きの中でのスペーシングを取る方法です。

ボールサイドとはゴールとゴールとを結ぶ仮想ラインを境にボール所持者のいる半面側コート

ドライブとポストマンとの連動

トップ、ウイングからドライブを試みた際、初期の段階で良くある状況は

ボールをもらいに仲間(ポストマン)がコース上に現れる

これを避けるためには先に挙げた円を描く動き方が適用されます。
ポジションがらポストマンと表現してますが、これはポジション名にこだわらず動き方として理解してください。

ベースライン側へのドライブ

下図で●はオフェンス(OF)×はディフェンス(DF)とします。

OF1はポストマンになります。OF2のドライブに円を描くとフリースロー側に移動します。

この動きによりドライブの進路を開けることができます。

と同時に通常はポストマンOF1のDFはドライブにヘルプに向かいます。

そこでOF1はパスを受け取る機会が生まれます。

ミドルラインへのドライブ

今度はミドルラインへドライブに動いた場合です。

ベースラインと同様に円を描く動き方は一緒です。

スリーポイントとペイントエリアの間付近をショートコーナーと呼びます。

ここにポストマンは移動します。

ドライブからポストマンへパスのポイント

ドライブからの連動は上記2点を覚えておけば大部分で良いスペーシングを作れます。

オフェンスにおいて様々な戦術があります。当たり前ですが、いずれも手段であり目的は得点を入れることです。

その前段階であるパスも重要な要素です。

ペイントエリアにおける有効なパスは経験上 バウンドパスです。

圧倒的に身長がある場合、跳躍力がある場合を除きフワッとしたポストマンへのパスを避けるべきです。以下が理由です。

・パスレシーブ時のポストマンの姿勢が崩れる

・パスに時間が掛かる、DFが反応しやすい

・DFにインターセプトされ易い

ドライブ中のパスはDFの隙間を狙う一瞬の動作です。

ドリブルしている手でそのままスナップを使い強く・早いバウンドパスを出せるように普段から練習が必要です。

もちろん、背の高い・跳躍力のあるプレイヤーがレシーバー側にいるのであれば、フワッと浮かせるパスも有効です。

ポストマンのパスレシーブポイント

今度はパスを受け取る側(レシーバー)のポイントです。

ドライブからのパスを受ける場合、パスを出す側・受け取る側ともに正確に早い動きが大事になります。

特にパスを受ける側は上図で示した通り、ペイントエリア付近でのプレーとなります。

DFとOFが密になるエリアであるため、素早いショットが要求されます。

そこでポイントは以下です。

レシーブしながらシュート態勢に入る

バスケット経験が乏しい段階でロングシュートや精度の高いミドルショットを望むことは難しいことです。

そんな経験が乏しい段階のプレイヤーでも一番入りやすいシュートはゴール下及び付近のシュートです。

物理的に近いため、イメージし易いと思います。

しかし、難しい点があります。それは人が集まりやすい場所である点です。

DFもOFも入り混じるカオス状態でシュートを打たなけばなりません。

よって、早い動きでシュート打つ必要があり、その手段としてレシーブしながらシュート態勢に入ることが重要になるのです。

なかなか、文面では伝達しにくいかもしれませんが、ちょっとした知るきっかけになればと思います。

トライ&エラーを繰り返して諦めず、愚直に継続したプレイヤーが報われればと思います。

そんな練習を続けているとスポーツ服等も消耗し易くなりますよね?

気分を変えるにも服装は良い機会になります。

そんな時、おススメがフランス発の高品質でコストパフォーマンス良いスポーツ店

デカトロン! 関東では幕張しかありませんが、デザイン・価格が素晴らしいです。

次回はチームでの連動についてアウトプットしたいと思います。

 

 

 

コメント

  1. […] バスケット チームオフェンス【2020年】スペーシングNo2 […]

タイトルとURLをコピーしました